ボトックス注射で汗を止めよう

subpage01

特に暑くもないのにすぐに汗が出る、服にしみができるほどに汗の量が多いという方は多汗症にかかっていることが多いです。



多汗症は脇の下などにあるエクリン汗腺が、余分に汗を分泌してしまうためにおこってしまう症状です。



多汗症の困った点は汗が大量に出るという他に、かいた汗に皮脂や皮脂が混ざることでわきが臭がするという問題があります。



わきが臭はにおいがきついので、ひどくならない内に多汗症への対策をとることをおすすめします。
多汗症の対策方法は制汗剤スプレーをする、汗ふきシートでふくなど色々とありますが、より効果的に対策を行うにはボトックス注射での治療が一番です。


ボトックスの注射は美容クリニックでたるみ治療に使われているものですが、多汗症の治療にも向いている治療方法となります。

汗をかく仕組みの一つにアセチルコリンという伝達物質の分泌が関係していますが、汗腺にボトックス注射をすることによりアセチルコリンの分泌を抑制し発汗しないようにすることができます。ボトックス注射の治療を受けると半年程度はその効果が続き、定期的にボトックスの注入をすることで多汗症の症状を抑え続けることが可能です。
汗腺に働きかけて元から汗が出ないようにすると、健康上の問題はないのか疑問を持つかもしれませんが、脇の下の汗からの分泌を抑えても他の部分から必要量の汗が分泌されますので安全です。ボトックス注射をすることで毎日の汗の処理は、以前よりもずっと楽になります。